新・一心精進

第8回「クイズ、愛、知、県」杯 in 関西の詳細情報

クイズ大会
大会名
第8回「クイズ、愛、知、県」杯 in 関西
主催
「クイズ、愛、知、県」杯 実行委員会
開催日
2022年10月10日(月)
時間
開場 10:00 開始 10:40 終了 19:30
参加費
0円
コンセプト
会場
岸部市民センター 多目的ホール [会場URL]
最寄駅
正雀駅から徒歩1分(79m)
岸辺駅から徒歩5分(350m)

バス停
府営摂津正雀住宅北バス停から徒歩3分(230m) [アクセス]
ウェブサイト
問い合わせ先アドレス
sadao-ishikawa[at]hotmail.co.jp
メール送信の際は[at]をアットマークに変更してください。
Twitter
@Wv3zl5dwXnmRKFm
事前エントリー
必須
 今大会の事前エントリーは、特設ページを設け、令和4年8月27日(土)午前11時30分から開始する予定です。

 会場の消防法の関係上、スタッフを含めた一定の定員以上となった場合、定員以降の方は、当日キャンセル等で欠員が生じた場合のみ繰り上げで参加可能となります。

 また、エントリーに際して収集した個人情報に関しては、主催者で厳重に管理し、今大会の連絡以外には使用せず、大会終了後、速やかに破棄します。
エントリー日時
一般
2022年08月27日(土) 11:30~2022年10月08日(土) 19:00
レギュレーション
その他制限あり / 個人戦
レギュレーション詳細
 特に設けず、クイズ及びクイズ界を愛する心、クイズに携わる仲間達への思いやりの心をお持ちの方であれば、クイズ歴に関係なく、どなたでも参加いただけます!
イベント内容
主催者の言葉
 前回大会(第7回大会)直前に今大会の実務担当者が、今までの様に気軽に大会を開催できなくなった個人的な事情に、御存じの通りの世界的な新型コロナ禍が重なり、2年半大会運営等は休止状態でしたが、昨今の難問長文系クイズを取り巻く情勢に実務担当者が大いに刺激を受けたのもあり、令和4年10月10日(祝)、過去7回開催してきたこれまでの大会と同様のコンセプトの下、再度、長文難問系クイズによる完全実力主義の真剣勝負の舞台をご用意させて頂きます!

 今大会は、大阪府で活動するMONKEYS例会の枠を頂き、大阪府吹田市の岸部市民センター2階の多目的ホールを会場に、大会史上初めて、愛知県外での開催となります。

 特に、凝った演出等はしない予定ですが、長く、このクイズ傾向を嗜んでいる者だからこそ提供できる「問題のクオリティー」に拘り、大会当日は、渾身の問題群を参加される皆さんにお届けし、この傾向を嗜む実力者同士で競う史上最高の舞台に相応しい問題群を用意できたらと思っています。

 学生・社会人、クイズ経験年数に拠るレギュレーションは特に設けませんので、クイズを愛する皆さんの意欲的な挑戦をお待ちしています!
問題難度・傾向
前フリ系クイズ(普通~難)
持ち物
筆記用具一式、バインダー
企画内容
第1R:四択ペーパークイズ99+1 (全体⇒42人)

第2R:早押しボード21 (14人⇒6人)×3セット 

第3R:ナナマルサンバツ (9人⇒4人)×2 

敗者復活:ジョイ無ス!不安と共に (敗者全体⇒数人(1人以上))

準決勝:クイズ!パパ活四天王 (9人⇒4人) 

決勝戦:クイズとは、パパ活甚句だ! (4人⇒優勝者)
優勝賞品
 名前入りの優勝杯及び副賞(主催者に因む物及び愛知県の特産品)。また、決勝戦に進出した優勝者を除く全員にも、金メダル(準優勝者)・銀メダル(3位)・銅メダル(4位)、副賞を贈呈します
注意事項
会場での飲食
会場内で軽い飲物を飲むことは可能ですが、食事や飲酒はご遠慮ください。ごみは必ず各自でお持ち帰りください。また、クイズ中はビニール袋などの音にもご配慮ください。喫煙は、喫煙所のみで行うようお願い致します。
問題集等の頒布
問題集の頒布はご遠慮ください。
メディア取材受入
取材を希望するメディア関係者は、大会公式アドレスまでお問い合わせ願います。
見学・観戦
本大会の見学は席数が限られているため、事前申請が必要となります。詳細は公式サイトを御覧ください。
参加者による記録
参加者によるビデオ撮影、写真撮影は禁止とさせていただきます。録音に限り、私的利用に限り許可します。録音データの後日の一般販売および誰もが広く閲覧できるインターネットへのアップロード等は原則禁止とします。
主催・メディアによる記録
主催者による写真・ビデオ撮影および録音を行うことがありますが、これらは内部資料とすることが目的であり、記録媒体の後日の一般発売およびインターネットへのアップロード等は行いません。
結果報告について
この大会で予選上位となった方・本戦で上位進出した方などは、『新・一心精進』に原則本名で報告を行います。『新・一心精進』では、大会結果の掲載、会報への掲載などを行う可能性があります。また、主催者が作成したホームページや問題集も同様のものとして扱います。本名での結果報告を避けたい参加者の方は、主催者にお問い合わせ下さい。