新・一心精進

結果報告

クイズ大会
大会名
プレAQL 埼玉リーグ『第7回コバトンカップ』 一般の部
主催
AQL実行委員会(埼玉リーグ地域代表:市川)
開催日
2017年11月3日(金)
会場
武蔵浦和コミュニティセンター
参加人数
65人 (備考:(参加人数はエントリー時のもの))
見学・観戦人数
1人
当日専任スタッフ
2人
成績上位者
優 勝 玉Q 市川加奈子、伊沢拓司、尾林衡史、中野亨、渡辺匠、松本裕輔、福田晴菜、山下雄太 決勝進出 8勝0敗:全国大会進出
準優勝 OBA-Q 内田勝章、荻島徹、春日誠治、川上あづさ、関口あすか、関口仁、西村かおり、西村友孝、松ケ野紘史、三小田晋久 決勝進出 7勝1敗:全国大会進出
第3位 熊熨斗会 舩津 真典、新井 仁一、池田 研太郎、瀬野 祐太郎、秦 真之 決勝進出 5勝3敗:地域間プレーオフ進出
その他結果
リーグ戦詳細は以下サイトにて掲載。
https://quiz-schedule.info/aql/

プレAQL 埼玉リーグ『第7回コバトンカップ』 一般の部の詳細情報

クイズ大会
大会名
プレAQL 埼玉リーグ『第7回コバトンカップ』 一般の部
主催
AQL実行委員会(埼玉リーグ地域代表:市川)
開催日
2017年11月3日(金)
時間
開場 9:00 開始 10:00 終了 13:00
参加費
早押し機提供団体 1000円
一般団体 3000円
コンセプト
みんなで出題し、答え、学び、楽しもう!全国のクイズファンが、自らの手で作る、新たな早押しクイズリーグ。
会場
武蔵浦和コミュニティセンター 2・5・6・9集会室 [会場URL]
JR埼京線・武蔵野線武蔵浦和駅徒歩2分 [アクセス]
ウェブサイト
問い合わせ先アドレス
kobatoncup[at]yahoo.co.jp
メール送信の際は[at]をアットマークに変更してください。
Twitter
@kobatoncup
事前エントリー
必須
本大会はWeb上での事前エントリーが必要です。当日エントリーは受け付けません。エントリー枠には定員がありますので、お早めにお申し込みください。
参加定員
9団体
レギュレーション
地域  による制限があります / チーム戦
レギュレーション詳細
地域
1.埼玉県内で活動するクイズ団体 2.「埼玉県に縁がある」クイズ団体
チーム
チーム戦 5人以上 10人以下
問題を42問以上用意でき、かつ午後に行われる「ジュニアリーグ」の運営に事前・当日共に一人以上協力していただける団体

詳しくは公式サイトをご覧ください
イベント内容
主催者の言葉
全国で行うクイズリーグ「プレAQL」の開幕戦ともいえる戦いとなります。
真剣に競いつつ、楽しみましょう!
問題難度・傾向
問題作成団体次第
企画内容
1チーム5-10人による、9団体による総当たりの団体戦となります。
優勝賞品
全国大会進出権
懇親会
実施する
定員:50人

参加希望者は、団体の代表者からエントリー時に申し出てください。
懇親会会場
注意事項
会場での飲食
会場内での飲食は可能ですが、飲酒はご遠慮ください。また、クイズ中はビニール袋などの音にもご配慮ください。ごみは必ず各自でお持ち帰りください。喫煙は、喫煙所のみで行うようお願い致します。
問題集等の頒布
問題集の頒布は休み時間であれば自由ですが、「大会に関係ある「資料」を配るのであり、その資料を作成するための「材料費」を回収する形ならばOK。」という許可を頂いておりますので、基本「大きな利益の出ない冊子」に限ります。
メディア取材受入
取材を希望するメディア関係者は、大会公式アドレスまでお問い合わせ願います。
見学・観戦
定員の関係で、本大会の見学はご遠慮ください。(大会関係者を除く)
参加者による記録
参加者によるビデオ撮影、写真撮影、録音は、私的利用に限り許可します。 これらの記録媒体の後日の一般販売および誰もが広く閲覧できるインターネットへのアップロード等は原則禁止とします(写真は、被写体全員の許可が得られていれば可能とします)。また、会場での機材のご使用の際は、他の参加者のみなさんのご迷惑とならないようご留意ください。
主催・メディアによる記録
主催者および主催者が許可したメディア関係者や参加者による写真・ビデオ撮影および録音を行うことがあります。これらの記録媒体は、後日の「一般発売」「インターネットへのアップロード」「テレビや雑誌などを通じて公開」等が行われる可能性があります。撮影後の公開を拒否されるという方は、マスク着用により意思表示をお願い致します。
結果報告について
この大会で予選上位となった方・本戦で上位進出した方などは、『新・一心精進』に原則本名で報告を行います。『新・一心精進』では、大会結果の掲載、会報への掲載などを行う可能性があります。また、主催者が作成したホームページや問題集も同様のものとして扱います。本名での結果報告を避けたい参加者の方は、主催者にお問い合わせ下さい。