新・一心精進

新・一心精進からのお知らせ

2017年ログ

会員投票実施について(2018/6/25)

平素は『新・一心精進』へのご支援、まことにありがとうございます。
『新・一心精進』第2回総会で継続審議となっていた「日本クイズ協会への公認申請条件」及び「会員情報データベース「シクミネット」共有の条件」について、2018年6月23日に日本クイズ協会より再提案がありました(日本クイズ協会からの提案の詳細は有料会員のSNSにのみ掲載しております。)

日本クイズ協会からの提案を受け、
「日本クイズ協会への公認申請可否」
「2018年8月1日以降のシクミネット(注)共用の条件」

以上2件について、『新・一心精進』会員による審議並びに会員投票を実施します。

(注)シクミネット・・・日本クイズ協会が契約する会員管理データベース。開発の経緯から、現状『新・一心精進』と「日本クイズ協会」が共有している状況が続いている。シクミネット及び現在の『新・一心精進』と日本クイズ協会の関係については、先日行われた勝抜杯でのプレゼン資料の8ページ参照。

【投票期間】
2018年6月27日-7月5日

【投票権保持者】
  • 2017年度もしくは2018年度の新一心精進有料会員(U22含む、ジュニア含まず)
  • 有料で協賛団体となった代表の方

  • 【注意】
  • 投票は「サイボウズLive」で運用している会員限定SNSの投票機能を行い実施します。記名投票となることをご了承ください。
  • 投票は会員の権利であり、義務ではありません。
  • 本投票は「総会による議決」ではなく、「(拘束力のない)会員投票」という形となります。
  • 「(拘束力のない)会員投票」ではありますが、「会員の総意を受け運用する」ことを掲げる新・一心精進にとって、本投票結果は重要となります。

    投票への参加を希望や、協議内容の詳細を知りたい方は、こちらの方法で『新・一心精進』に有料会員に登録の上、会員限定SNSにご参加ください。

    以上、宜しくお願い致します。

    『新・一心精進』開発運営チーム
    市川尚志
    西田篤史

    新規協賛団体のお知らせ(2018/5/25)

    新規協賛団体:『mono-series'』様

     『mono-series'』様が、『新・一心精進』の新規協賛団体となりました。『mono-series'』は「クイズNo.1物知り決定戦」と銘打ち、全国各地でひられているクイズ大会です。特徴は早押しクイズではなく「早立ち」という独自のスタイルで競われることです。詳細はmono-series'公式サイトをご覧ください。
    『mono-series'』様には、非営利団体相当の15000円を納めて頂きました。大会の参加費から間接的に頂いていることになりますので、『mono-series'』に参加予定の方も含め、心より感謝いたします。
    また、バナー部分が文字と混じって見にくい、という意見がいくつかあることから、「バナー」のみを下にまとめるデザインを暫定的に採用しました。皆様のご意見を伺ったうえで、今後このままとするかを決めていきます。今後とも宜しくお願い致します。

    新規協賛のお知らせ(2018/5/9)

    寄付:JOSUI様

    寄付:中林良憲様

    2件の新規寄付がございました。JOSUI様より15,001円の寄付を、中林良憲様より50万円の寄付を、それぞれ頂きました。ありがとうございます。バナー掲載については、お二人とも辞退とのことです。
    心より、感謝いたします。

    新規協賛団体のお知らせ(2018/5/8)

    新規協賛団体:『クイズ宅配便(Q宅)』様

     クイズ問題集の通販サイト『クイズ宅配便(Q宅)』様が、『新・一心精進』の新規協賛団体となりました。『クイズ宅配便(Q宅)』様は数多くのクイズ問題集の販売を一手に受ける通販サイトであります。
     『クイズ宅配便(Q宅)』様はその販売規模を踏まえるとボランティアに近いものであるとの認識から、非営利団体相当の15000円の納入でかまわない旨をお伝えしましたが、先方からの申し出で営利団体相当の30000円をお納め頂きました。心より感謝いたします。
     クイズ問題集購入の際は、ぜひ『クイズ宅配便(Q宅)』様をご利用ください。宜しくお願い致します。

    新規協賛のお知らせ(2018/5/5)

    寄付:匿名希望様

     とある方から、1万円の寄付を頂きました。強く匿名を希望されるわけではなかったのですが、名前を出すことも希望されていらっしゃいませんでしたので、「この場では匿名」と扱わさせていただくことにしました。本当にありがとうございます。

    新規協賛のお知らせ(2018/5/2)

    新規協賛:匿名希望様

    新規協賛:グランドスラム有志・クイズフェスティバル。様

     5/2、立て続けに2件の寄付・協賛を頂きました。
     1件目は匿名希望の方になります。個人で10万円を寄付頂きました。バナーの掲載等は辞退とのことです。本当にありがとうございます。なお、団体規約との整合を取る関係で、98000円を寄付、2000円を2018年度会費として処理させていただきました。
     2件目は、「グランドスラム有志・クイズフェスティバル。」様になります。15000円を寄付していただきました。グランドスラムはベテランがそろう老舗クイズサークルで、『新・一心精進』でも告知されている団体戦シリーズ『天』の初代優勝チームでもあります。「クイズフェスティバル。」様は、「グランドスラム有志」を中心に開催が続けられている大会で、20年以上にわたって続く「クイズを楽しむ」イベントになります。複数企画者が企画を持ち寄り、負けても何回でも挑戦できることが特徴であり、3月に開催されました『新・一心精進』パーティーもこの形式をリスペクトさせていただき、「感謝祭」と銘打たさせていただきました。こちらも、バナー掲載は辞退とのことです。
     また、4/30にはクイズ大会『第18回勝抜杯』の会場で『新・一心精進』のプレゼンテーションをさせていただきました。終了後は、多くの方に激励の言葉を頂きました。皆様からの有形無形のご支援を無駄にせぬよう、これからもクイズイベントの助けになるサイト運営を続けていきたいと考えております。宜しくお願い致します。

    新規協賛のお知らせ(2018/3/12)

    新規協賛:喜多一興様

      過去にクイズ大会主催等で幅広くご活躍された喜多一興様より、個人で『新・一心精進』をご支援頂けることになりました。協賛金として3万円を振り込んでいただきました。
     喜多一興様からはバナー掲載等については辞退したいとの申し出を頂いており、完全な寄付になります。本当にありがとうございます。

    新規協賛団体のお知らせ(2018/3/2)

    新規協賛団体:『撮影互助会・Quiz Photos』

     『撮影互助会・Quiz Photos』が、『新・一心精進』の新規協賛団体となりました。『Quiz Photos』はクイズイベントの撮影のお手伝い等を行う有志組織とのことです。
    『Quiz Photos』には、非営利団体相当の15000円を納めて頂きました。実質寄付のような形となっております。心より感謝いたします。
     今後ともよろしくお願い致します。

    新規協賛団体のお知らせ(2018/2/27)

    新規協賛団体:『JQA』

     クイズの世界団体IQAの日本支部にあたります『JQA』が、『新・一心精進』の新規協賛団体となりました。JQAはクイズの世界大会「WQC(World Quizzing Championships)」や、そのジュニア世代版「JWQC」などを主催する予定とのことです。
     JQAは非営利組織ということで、非営利団体相当の15000円を納入頂きました。現時点で運営が赤字であると伺っていますが、そんな中協賛費をお支払い頂けるのは大変ありがたいことです。JQA関係者の皆様に、心より感謝いたします。協賛団体については年度更新ですが、バナーについては掲載日から一年掲載され続けます。宜しくお願い致します。
     本年度の支援が実質寄付に近い状況の中、無事本年度収支黒字が見えてまいりました。今後とも宜しくお願い致します。

    『新・一心精進』第2回総会(定期総会)議事録(2018/2/27)

    会員限定ページにて行われた『新・一心精進』第1回総会議事録をアップ致します。
    『新・一心精進』第1回総会議事録
    日本クイズ協会へ公認申請有無については、継続審議とし、後日議事録を公開予定です。

    『新・一心精進』第2回総会(定期総会)のお知らせ(2018/2/13)

    平素は『新・一心精進』へのご支援、まことにありがとうございます。
    『新・一心精進』は、当面は「権利能力なき社団」として運用していく予定です。これは町内会やPTAなどと同じような扱いとなります。
    権利能力なき社団ですが、民主的な団体として、団体規約を定めたうえで、会員を代表する代表者を会員の代表による投票で選出し、意思決定を実現していきたいと考えております。
    暫定代表の状態で、会員の皆様のご意見を伺い、団体規約案を定めました。団体規約の承認と、その規則に基づいた代表、副代表、会計監査を選出すべく、『新・一心精進』第2回総会を以下の概要で実施いたします。
    【募集・投票期間】
    立候補受付期間:2月14日-18日
    投票:2月20日-2月26日

    【募集対象】
    『新・一心精進代表(1名)』:新・一心精進運営全般の決定権を持ちます。
    『新・一心精進副代表(1名以上)』:代表を補佐します。基本的には、「承認担当(掲載・非掲載の権利を委譲される)を担当する予定です。
    『会計監査(1名)』:団体の会計が適切かを監査します。役員からは外れ、公平な立場で運営の健全さを監査することになります。

    【その他注意】
  • 立候補権並びに投票権は、「新・一心精進会員」「新・一心精進U22会員」に限らさせていただきます。
  • 同時に投票を実施しますが、前提として「会員規則」の承認を最初に行った扱いとします。(この会則が承認されない場合、選挙自体が無効となるためです)
  • 代表及び会計監査の立候補者が1人の場合、信任投票とします(過半数で信任とみなす)。2人以上の場合、票数の多い方を選出します。
  • 副代表には定員がないため、全員信任投票です。
  • 任期は2018年度中に開かれる次回の定期総会開催までとします。(このままの流れで、総会は1月や2月の実施としていく方向です)
  • 投票はサイボウズLiveの投票機能を行い実施します。記名投票となることをご了承ください。
  • 総会では、日本クイズ協会への継続公認申請を行うかについてのアンケートも実施致します。
  • 投票は会員の権利であり、義務ではありません。
  • 立候補、並びに投票への参加を希望される方は、こちらの方法で『新・一心精進』に有料会員に登録の上、会員限定SNSにご参加ください。

    以上、宜しくお願い致します。

    『新・一心精進』開発運営チーム
    市川尚志
    西田篤史

    2017年度有料会員の期限、及び2018年度の開発予定について(2018/2/7)

    日ごろから『新・一心精進』をご支援頂きありがとうございます。本年度は「実質寄付である」と告知させていただいたにも関わらず、会員数は100人を超え、運営開始当初抱えていた40万程度の赤字も完済に近いレベルにまで到達しました。皆様のご協力に感謝いたします。
    2017年度会員の期限が2018年3月に迫ってまいりました。2017年度会員は「実質寄付」としておりましたが、現時点で会員・協賛団体からの問題提供のおかげで「1万問以上の問題にアクセスできる」といった実質的会員のメリットが生じつつあり、本当にありがとうございます。
    一方で、2月に有料会員としてご登録頂いた方に、「2017年度会員は実質寄付であり、会員期限が2018年3月までである」ということが十分告知できていなかったことは事実であります。特に、2月に「問題アクセスのため」に会員になった方は、期間としてあまりに短いという問題が生じております。
    以上を踏まえ、以下の対応を行います。

  • 2017年度会員の「問題アクセス権」につきましては、2018年度中(暫定で問題共有の場としているサイボウズLiveが閉鎖される時期まで)は有効とし、2018年度に提供された問題も含め、引き続き全ての問題を閲覧可能とする。
  • そのほかの会員メリット(総会での議決権、エントリーリマインダ機能等)については、2018年度会員のみに提供する。

  • なお、2019年度以降は、「会員に登録していた期間にアップされた問題しか閲覧できない」「過去に遡って閲覧するには追加課金が必要」といった仕様変更の可能性もあります。その点、予めご了承頂ければと思います。

    2018年度の『新・一心精進』は以下の開発を予定しております。

  • エントリーリマインダ機能の提供(お気に入りに入れた大会のエントリー開始日などが近づくと、リマインダメールが飛ぶ。有料会員限定の機能とする予定です。)
  • バックアップ体制の強化(現状、サーバー運営会社が止まると全ての告知データ・結果データが消失する状態です。この危険な状況を脱するため、告知データのバックアップ体制を強化していきます)
  • スマートフォンの閲覧性向上(遅延しており申し訳ありません)

  • 以上の開発(特にバックアップ体制の強化)には、相応の開発保守費が必要となります。2018年度の会費や協賛団体費用も、2017年度同様100%新・一心精進の開発・保守・運用費に充てさせていただきます
    2018年度の有料会員会費も、実質寄付に近い状況は続きますが、引き続き『新・一心精進』をご支援頂ければと思います。宜しくお願い致します。
    2018年度会員の新規及び継続手続きについては、今後別途お知らせします。

    『新・一心精進』開発運営チーム
    市川尚志
    西田篤史